消防用設備の設置・改修工事

消防用設備の設置・改修工事

火災から人と建物を守る

建物には、面積や使用目的により、消防用設備の設置が法律で義務付けられています。
カケハシでは、消防用設備工事における新規工事・改修工事のどちらにも対応し、オーナー様等関係者と消防関係機関などの所轄官庁との間に入り、打合せから設計、施工までを行います。
また、消防設備の設置や改修には様々な専門的な知識が必要になりますので、当社では消防設備士等の各種資格を持ったスタッフが責任をもって対応いたします。
お困りごとはプロフェッショナルのカケハシにご相談ください。
消防法・建築基準法に基づき、確かな技術と豊富な実績でお客様のお困りごとをスピーディーに解決いたします。

 

以下のビル・マンションには消防用設備工事が必要です

(1)新築の場合、消防署の指導により設備を設置する場合
(2)壁に間仕切り等を設置するなど内装の工事を行い、感知器を増設する必要がある場合
(3)点検の結果にて、消防設備に不具合・不良箇所が発見された場合
(4)自動火災報知設備への取付工事が、消防法の改正により必要となった場合
(5)消防法改正により、消防設備が型式失効になった場合
(6)消防法の改正により、避難器具の設置を有する必要がある場合
(7)その他、所轄消防署の指導により改修の必要がある場合

 


消防設備工事の流れ

ご契約から検査完了まで、以下のような作業がともないます。
ご不明な点などございましたら、いつでもお問合せください。
お問合せ・お見積りはこちらから → お問い合わせフォームへ      

消防用設備設置・改修工事に関するご相談はカケハシまで

お電話による受付時間は、平日9時~17時です。
TEL:06-6996-2867
FAX:06-6996-4987

メールによるお問い合わせ
E-mail: kakehasi@kakehasi.co.jp

PAGE TOP