消防用設備について

消防法令上の消防用設備とは、「消防の用に供する設備、消防用水及び消火活動上必要な施設」の総称で、「消防の用に供する設備」は、「警報設備」「消火設備」「避難設備」と大きく三つに分類されます。


消防法第一条で「国民の生命、財産を火災から保護する。」と目的が示されているとおり消防用設備の社会的役割は非常に大きく、その為防火対象物に応じた設備を消防法令に基づき正しく設置することが重要となります。

火災や災害はいつどんな時に起こるか予測ができません。
建物に備え付けられた消防や、防火・防災のためのあらゆる設備は、いざという時の為にいつでも機能が発揮できるように維持管理していく必要がございます。

カケハシは皆様の安全の為、長年の豊富な施工実績と安心の技術で、消防設備設計施工、消防用設備点検、点検後の改修工事から点検と設置に伴う各種届出代行等まで、消防設備業務全般についてトータルでサポートいたします。

消防用設備の設置・改修工事についてはこちらをごらんください

警報設備

警報設備とは、危険を知らせ避難を促す消防設備です。
万が一に備える消防設備の代表格といえる設備となります。

消火設備

消火設備とは、火災を消火するための消防設備です。
建物空間により特性の異なる設備が必要となりますので入念な調査により、
効率的な消火設備が防災対策のカギとなります。

避難設備

避難設備とは、火災発生時に階段等の施設が使用できない場合などに、
安全で確実に避難出来るように補完する器具や、
速やかに避難施設に誘導するための誘導灯などをいいます。
建物の構造を分析し、より効果の見込める避難設備を設置し万が一に備えます。
建物とお部屋により避難設備を使い分け設置することで万全をご提案致します。

詳しいご相談はカケハシまで

お電話による受付時間は、平日9時~17時です。
TEL:06-6996-2867
FAX:06-6996-4987

メールによるお問い合わせ
E-mail: kakehasi@kakehasi.co.jp